ミゲルルッソ監督 戦術・人選解説

【ウイイレアプリ2020】4-1-3-2最強監督!ミゲルルッソ戦術・人選解説

  • 2020年8月8日
  • 2020年11月7日
  • 監督

ウイイレアプリ2020 攻略道場です

 

今回は、

僕が4-1-3-2最強監督だと考える

ミゲルルッソ監督を詳しく解説していきます

 

この記事をご覧いただくと

以下のことがわかります

・ミゲルルッソ監督がどんな監督なのか

・何が強くて何が弱点なのか

・オススメの戦術タイプはなんなのか

・人選の組み方はどうするのか

・何を意識して攻撃、守備をするのか

以上の5つを完全に理解することができます

ミゲルルッソ監督に興味がある人や

強い監督を探している人は

是非最後までご覧ください

 

この記事を書いている僕は、

ウイイレアプリ歴4年

2020年時には

最高ローカルランキング9位に入るなど

毎日ウイイレを楽しんでいます

 

では、

ミゲルルッソ監督の解説に入っていきます

 

⬆️目次から気になる情報まで飛べます⬆️

4-1-3-2最強監督!ミゲルルッソ

ミゲルルッソ監督 詳細

監督名ミゲルルッソ
オフェンシブ4-1-3-2
ディフェンシブ4-1-3-2
マネジメント能力720

フォーメーションは4-1-3-2となっています

コストが720とかなり低いので

人選が少し難しくなってきます。

しかし、

かなり数値がよく強いのでコストを抑えてでも

使用する価値がある監督と言えます。

オフェンシブ戦術

ミゲルルッソ監督 オフェンシブ戦術

攻撃タイプポゼッション
ビルドアップショートパス
攻撃エリアサイド
ポジショニングフォーメーション重視
サポート距離7
守備タイプフォアチェック
追い込みエリアサイド
プレッシングアグレッシブ
ディフェンスライン5
コンパクトネス9

監督や裏数値の見方がわからない方はこちら

 

攻撃面・簡単解説

・攻撃タイプはポゼッションでサポート距離は7と遠めです。

・しっかりビルドアップして攻めていくスタイルです。

・攻撃の枚数も多く非常に攻撃がしやすいです。

 

守備面・簡単解説

・守備タイプはフォアチェックですが

ディフェンスラインが5と低めなので

前線からというよりはある程度引いて守備をします。

 

ディフェンシブ戦術

攻撃タイプカウンター
ビルドアップショートパス
攻撃エリア中央
ポジショニングフォーメション重視
サポート距離7
守備タイプフォアチェック
追い込みエリアサイド
プレッシングアグレッシブ
ディフェンスライン3
コンパクトネス9

 

攻撃面・簡単解説

・攻撃タイプがカウンターで中央攻めなので

どんどん選手が飛び出してきてくれて

攻撃が非常にしやすいです。

・サポート距離は7でオフェンシブ戦術と同じで

少し遠めとなっています。

 

守備面・簡単解説

・守備タイプなどは

オフェンシブ戦術と変わりませんが

ディフェンスラインが3と非常に低いので

守備がやりづらい印象があります

 

戦術タイプ比較

戦術タイプオフェンシブディフェンシブ
攻撃タイプポゼッションカウンター
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリアサイド中央
ポジショニングフォーメーション重視フォーメーション重視
サポート距離77
守備タイプフォアチェックフォアチェック
追い込みエリアサイドサイド
プレッシングアグレッシブアグレッシブ
ディフェンスライン53
コンパクトネス77
・違う点は3つで、攻撃タイプビルドアップディフェンスラインです

 

オススメ戦術タイプ

オススメ戦術タイプは、

オフェンシブ戦術です。

 

理由としては、

攻撃面に関してはディフェンシブ戦術の方が

良いと感じる人がいると思いますが、

守備がディフェンシブ戦術

ディフェンスラインが3と低いので

かなりやりづらいです。

 

なので、

守備がしやすい

オフェンシブ戦術をオススメします。

 

人選解説

ミゲルルッソ監督人選

こちらが、

今週使用しているスカッドになります

コストが720と低いのですが

コストが0の白玉の選手を1人入れることで

ある程度のメンバーを

ベンチにも入れることができています。

 

ではポジションごとに

人選のポイントを解説していきます!

 

GK

ミゲルルッソGK

GKハンダノヴィッチ

 

オススメは守備的GK!

ミゲルルッソ監督はディフェンスラインが低いので

引いて守るシーンが多いです。

なので、

攻撃的GKを置いたとしても

飛び出すシーンは少ないので

守備的GKをオススメします。

 

オススメ選手

・クルトワ

・シリグ

・メレット

 

中央CB

ミゲルルッソCB

中央CBジョーゴメス・ルーベンディアス

 

ビルドアップはオススメしない!

ミゲルルッソ監督は引いて守るので

プレースタイルがビルドアップの選手がいると

前に出てきてしまい

守備のバランスが崩れてしまうので

ビルドアップはオススメできません。

ビルドアップ以外で守備能力が高く

スピードがある程度ある選手がオススメです!

 

オススメ選手

・アントニオ リュディガー

・セルヒオ ラモス

・マノラス

 

サイドCB

ミゲルルッソ監督サイドCB

サイドCBバレージ・プジョル

 

攻守両面に貢献できる選手!

サイドCBは

攻守両面に貢献できる選手がオススメです。

守備能力が高くワンパやパス数値が高い選手が

オススメになります。

なぜSBにしないのかというと

SMFの選手と位置がかぶるので

上がってもそこまで効果的ではないので

それなら守備を優先しようという考えです。

 

オススメ選手

・バリオス

・ビダル

・カマラ

 

DMF

ミゲルルッソ監督 DMF

DMFファビアン ルイス

 

プレーメイカーがオススメ!

DMFはプレーメイカーかアンカーの

2択になると思いますが、

攻撃がしやすくなるのがプレーメイカーで

守備がしやすくなるのがアンカーです。

個人的には、

プレーメイカーがオススメですが

このポジションは好みに分かれます。

また、

スキルにワンパがあると攻撃がスムーズになります。

 

オススメ選手

プレイメーカー

・サンドロ トナーリ

・ウィリアン

・プルガル

 

アンカー

・ロドリ

・ゲンドゥージ

・ファビーニョ

 

RMF・LMF

ミゲルルッソ監督 RMF・LMF

RMFサウール
LMFネドヴェド

 

攻撃の起点!ワンパ必須

このRMFとLMFは

非常に重要なポジションになります

この位置から多くの縦パスを出すので

ワンパは必須ですし

パス数値も出来るだけ高い選手がオススメです。

守備もある程度できる選手がいいです

 

オススメ選手

・モルガン サンソン

・ビダル

・レナトサンチェス

 

OMF

ミゲルルッソ監督 OMF

OMFムバッペ

 

無印起用がオススメ

個人的に、

2列目からの飛び出しより

ラインブレイカーの選手を無印起用した方が

タイミングよく抜け出してくれる印象があります。

なので、

ラインブレイカーで

スピードがある選手をオススメします!

 

オススメ選手

・ルンメニゲ

・フォルラン

・デルピエロ

 

CF

ミゲルルッソ監督 CF

CFザニオーロ・ルンメニゲ

 

タメを作れる選手が必須!

CFに関しては、

OMFに攻撃的な選手を置いてタイミングよく

飛び出してくるのを狙っているので

飛び出す時間を作るために

前線でタメを作るのは

非常に重要です!

なので、

片方はタメが作れる選手で

もう片方は点が取れる選手がオススメです

 

オススメ選手

タメが作れる選手

・ロナウド

・メッシ

・スアレス

・ベンゼマ

・トッティ

点が取れる選手

・ムバッペ

・ラッシュフォード

・オーバメヤング

 

ベンチ

ミゲルルッソ ベンチ

ベンチサネ・クトゥジュ・ホーランド

 

スーパーサブ必須!

ベンチは、

出来るだけスーパーサブを入れます

スーパーサブは流れを変える上で

非常に重要な役割をしているので

必須です!

ミゲルルッソ監督はコストが少ないので

コスパの良い3人を入れています

 

オススメ選手

・モラタ

・チャロフ

・インザーギ

 

ここまで人選について

詳しく解説してきました。

 

次は、

ミゲルルッソ監督の攻撃守備の仕方

意識することを簡単に解説していきます。

 

攻撃・守備のポイント

ミゲルルッソ監督 RMF・LMF

攻撃はサイドから!

この監督は、

サイドで起点を作るのがポイントとなります。

サイドのLMF・RMFの選手の幅が

普通の監督よりかなり広いので

LMF・RMFがボールを持った時に

縦パスが非常に入りやすくなります。

なので、

攻撃する時はまずサイドからを意識して

LMF・RMFに入った瞬間

縦パスを意識すると上手く攻撃が作れます

 

守備は我慢!

この監督は、

フォアチェック、アグレッシブなので

前線からの守備が基本となるのですが

ディフェンスラインが低いので

パスコースを読む守備になります。

なので、

プレス指示は基本かけず

永遠にパスが出そうなところを読み続けます

すると、

そんなに簡単に崩されることはなくなります

これを前線から

プレス指示をかけて行ってしまうと

簡単に崩れる原因になってしまいます

なので、

我慢してパスコースを読み続けましょう!

 

おわり

今回は、

ミゲルルッソ監督の人選・戦術解説をしました。

この監督は、

戦い方さえ理解してしまえば

かなり強い監督なので

是非試した見てください!