監督

【ウイイレアプリ2020】アプデ後変更された注目監督8選!

⬆️目次から気になる情報まで飛べます⬆️

アプデ後変更された注目監督

今回は、

8月13日のアプデ時

数値が変わった注目監督を8人紹介します!

弱体化された監督が多いですが

強化された監督もいます

 

本記事を読めば以下のことがわかります

・弱体化・強化された監督がわかる

・どこが弱体化・強化されたかわかる

・今週獲得すべき監督がわかる

これらについて

詳しく解説していきます

 

この記事を書いている僕は、

ウイイレアプリ歴4年

2020年時には

最高ローカルランキング9位に入るなど

毎日ウイイレを楽しんでいます

 

では解説に入ります

是儀

是非最後までご覧ください!

 

弱体化された監督

今回、

弱体化された監督を6人紹介します!

6人とも人気のある監督なので

かなり驚いています。

 

では、

1人ずつ解説していきます!

キケセティエン

kikesetelien

監督名キケセティエン
オフェンシブ4-3-1-2
ディフェンシブ4-3-1-2
マネジメント能力810

 

新キケセティエン

戦術タイプオフェンシブディフェンシブ
攻撃タイプポゼッションポゼッション
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリア中央中央
ポジショニング流動的流動的
サポート距離12
守備タイプフォアチェックフォアチェック
追い込みエリアサイドサイド
プレッシングアグレッシブアグレッシブ
DFライン109
コンパクトネス12

※黄マーカーは変更があったところです

旧キケセティエン

戦術タイプオフェンシブディフェンシブ
攻撃タイプポゼッションポゼッション
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリア中央中央
ポジショニングフォメ重視フォメ重視
サポート距離55
守備タイプフォアチェックフォアチェック
追い込みエリア中央中央
プレッシングアグレッシブアグレッシブ
DFライン88
コンパクトネス88

監督・裏数値の見方はこちら

 

守備の弱体化!

ざっと戦術タイプを見ればわかるように

コンパクトネスが1,2とかなり低いです

コンパクトネスは守備をする上で非常に重要になる数値です

この数値が1ではかなり守備がしずらくなります

また、

4−3−3は守備が難しい為

このコンパクトネスでは厳しいです!

変更前のキケセティエンはこちら

 

グアルディオラ

グアルディオラ

監督名グアルディオラ(ルイスアルベルトロマン)
オフェンシブ4-3-3
ディフェンシブ4-3-3
マネジメント能力920

 

新グアルディオラ

戦術タイプオフェンシブディフェンシブ
攻撃タイプポゼッションポゼッション
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリア中央中央
ポジショニング流動的流動的
サポート距離23
守備タイプフォアチェックフォアチェック
追い込みエリア中央中央
プレッシングアグレッシブアグレッシブ
DFライン109
コンパクトネス12

※黄マーカーは変更があったところです

旧グアルディオラ

戦術タイプオフェンシブディフェンシブ
攻撃タイプポゼッションポゼッション
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリアサイド中央
ポジショニング流動的流動的
サポート距離65
守備タイプフォアチェックリトリート
追い込みエリアサイドサイド
プレッシングアグレッシブアグレッシブ
DFライン76
コンパクトネス76

 

守備の弱体化

グアルディオラ監督も、

コンパクトネスが大幅に低くなりました。

コストが高い監督だったので

使用している人もいると思うので

かなり残念です

 

サポート距離が近い

サポート距離が2,3

かなり近くなりました。

この変更は、

人によっては攻撃がかなりしやすくなると思います

しかし、

守備面の弱体化が厳しいところです

 

クロップ

クロップ

監督名クロップ(ゲールノートツァイツラー)
オフェンシブ4-3-3
ディフェンシブ4-3-3
マネジメント能力920

 

新クロップ

戦術タイプオフェンシブディフェンシブ
攻撃タイプポゼッションポゼッション
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリア中央中央
ポジショニング流動的流動的
サポート距離67
守備タイプフォアチェックフォアチェック
追い込みエリア中央中央
プレッシングアグレッシブアグレッシブ
DFライン98
コンパクトネス23

 

旧クロップ

戦術タイプオフェンシブディフェンシブ
攻撃タイプポゼッションポゼッション
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリア中央中央
ポジショニング流動的流動的
サポート距離73
守備タイプフォアチェックフォアチェック
追い込みエリア中央中央
プレッシングアグレッシブアグレッシブ
DFライン88
コンパクトネス810

 

守備の弱体化!

クロップ監督も、

コンパクトネスがかなり落ちて

2,3となっています。

この監督は、

元々コンパクトネスが8,10と高く4-3-3の中で

最も守備がしやすかったのですが

守備が弱体化されてしまいました

変更前のクロップはこちら

 

シメオネ

シメオネ

監督名シメオネ(クリストバルブエナ)
オフェンシブ4-2-2-2
ディフェンシブ4-2-2-2
マネジメント能力880

 

新シメオネ

戦術タイプオフェンシブディフェンシブ
攻撃タイプカウンターカウンター
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリア中央中央
ポジショニングフォメ重視フォメ重視
サポート距離34
守備タイプフォアチェックフォアチェック
追い込みエリア中央中央
プレッシングアグレッシブアグレッシブ
DFライン43
コンパクトネス56

 

旧シメオネ

戦術タイプオフェンシブディフェンシブ
攻撃タイプカウンターカウンター
ビルドアップショートパスロングパス
攻撃エリア中央中央
ポジショニングフォメ重視フォメ重視
サポート距離99
守備タイプリトリートリトリート
追い込みエリア中央中央
プレッシングアグレッシブアグレッシブ
DFライン75
コンパクトネス910

 

サポート距離が近い

シメオネ監督は、

元々サポート距離が9,9とかなり遠目でした

しかし

今回のアプデで4,3となり

かなり攻撃の使用感は変わってきます

 

守備タイプの変更

元々守備タイプがリトリートで、

引いて守る守備をするイメージがありましたが

リトリートからアグレッシブに変更されています

なので、

守備も全く違う使用感になると思います

 

守備の弱体化

他の監督同様、

シメオネ監督もコンパクトネスが5,6

かなり落ちました。

5,6なのでかなり低いというわけではないのですが

元々9,10だったことを考えると

弱体化しています

 

ソルバッケン

ソルバッケン

監督名ソルバッケン
オフェンシブ4-2-2-2
ディフェンシブ4-2-2-2
マネジメント能力770

 

新ソルバッケン

戦術タイプオフェンシブディフェンシブ
攻撃タイプポゼッションポゼッション
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリア中央中央
ポジショニング流動的流動的
サポート距離45
守備タイプフォアチェックフォアチェック
追い込みエリアサイドサイド
プレッシングアグレッシブアグレッシブ
DFライン32
コンパクトネス56

 

旧ソルバッケン

戦術タイプオフェンシブディフェンシブ
攻撃タイプカウンターカウンター
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリア中央中央
ポジショニング流動的流動的
サポート距離88
守備タイプリトリートリトリート
追い込みエリア中央中央
プレッシングアグレッシブアグレッシブ
DFライン86
コンパクトネス97

 

攻撃が激変!

攻撃がかなり変更されました

まず攻撃タイプがカウンターからポゼッション

そして、

サポート距離が8,8から4,5にと

かなりポゼッションに特化した戦術になりました

攻撃に関しては、

弱体化というよりかなり戦術が変わったという感じです

 

守備も激変!

守備もかなり変更されました

守備タイプがリトリートからフォアチェック

そして、

DFラインが8,6から3,2

コンパクトネスが9,7から5,6

前線から守備をするフォアチェックなのに

DFラインとコンパクトネスが低いので

全体的にかなり守備は弱体化されています

変更前のソルバッケンはこちら

サッリ

サッり

監督名マウリツィオ サッリ
オフェンシブ4-3-1-2
ディフェンシブ4-3-1-2
マネジメント能力840

 

新サッリ

戦術タイプオフェンシブディフェンシブ
攻撃タイプポゼッションポゼッション
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリア中央中央
ポジショニング流動的流動的
サポート距離24
守備タイプフォアチェックフォアチェック
追い込みエリアサイドサイド
プレッシングアグレッシブアグレッシブ
DFライン109
コンパクトネス35

 

旧サッリ

戦術タイプオフェンシブディフェンシブ
攻撃タイプポゼッションカウンター
ビルドアップショートパスロングパス
攻撃エリアサイドサイド
ポジショニングフォメ重視フォメ重視
サポート距離45
守備タイプフォアチェックフォアチェック
追い込みエリアサイドサイド
プレッシングアグレッシブアグレッシブ
DFライン75
コンパクトネス67

 

守備が弱体化

この監督は、

元々守備がそこまで固かったわけではありません

DFラインが10,9とかなり高めでありながら

コンパクトネスが3,5とかなり低くなった為

かなり守備に穴ができてきます

なので、

守備はかなり難しくなります

 

ここまでが、

弱体化された監督6名です

守備面での弱体化がされた監督が多く

今後の使用する人は少なくなりそうです

 

強化されて獲得しておきた監督

次に、

今週強化されて獲得しておきたい監督

2名紹介します

かなり期待できる監督となっています

では解説に入ります!

 

フェドートフ

フェドートフ

監督名フェドートフ
オフェンシブ3-2-2-3
ディフェンシブ3-2-2-3
マネジメント能力710

 

新フェドートフ

戦術タイプオフェンシブディフェンシブ
攻撃タイプカウンターカウンター
ビルドアップロングパスロングパス
攻撃エリア中央中央
ポジショニングフォメ重視フォメ重視
サポート距離88
守備タイプリトリートリトリート
追い込みエリア中央中央
プレッシングアグレッシブアグレッシブ
DFライン32
コンパクトネス78

 

旧フェドートフ

戦術タイプオフェンシブディフェンシブ
攻撃タイプポゼッションポゼッション
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリア中央中央
ポジショニングフォメ重視フォメ重視
サポート距離55
守備タイプリトリートリトリート
追い込みエリア中央中央
プレッシングセーフティセーフティ
DFライン43
コンパクトネス78

 

攻撃エリアが中央に!

元々は、

攻撃エリアがサイドでしたが

中央になったことでより

前線3枚での崩しがしやすくなりました。

しかし、

サポート距離が5,5から8,8になったことで

前線3枚の距離感が遠くなるので

そこがどうなのか気になるところです

 

守備がやりやすい!

元々は、

リトリート、セーフティ

完全に引いた守備が基本でしたが

変更後は、

リトリート、アグレッシブ

前線からの守備もできるようになり

より守備がしやすくなりました。

 

ドナドーニ

ドナドーニ

監督名ドナドーニ
オフェンシブ4-3-1-2
ディフェンシブ4-3-1-2
マネジメント能力790

 

新ドナドーニ

戦術タイプオフェンシブディフェンシブ
攻撃タイプカウンターカウンター
ビルドアップロングパスロングパス
攻撃エリア中央中央
ポジショニングフォメ重視フォメ重視
サポート距離89
守備タイプリトリートリトリート
追い込みエリアサイドサイド
プレッシングアグレッシブアグレッシブ
DFライン64
コンパクトネス89

 

旧ドナドーニ

戦術タイプオフェンシブディフェンシブ
攻撃タイプカウンターカウンター
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリア中央中央
ポジショニング流動的フォメ重視
サポート距離55
守備タイプリトリートフォアチェック
追い込みエリア中央中央
プレッシングアグレッシブセーフティ
DFライン46
コンパクトネス66

 

選手間の変更!

元々は、

選手間が5と近くワンパで崩すような監督でしたが

変更後は、

選手間が8,9でロングパスとかなり遠目になりました

旧サントスのような

距離感で攻撃が非常にしやすいと思います

 

守備が大幅強化!

コンパクトネスが6,6から8,9

変更されました

8,9はかなり高くDFラインも6,4

かなり守備がしやすい数値となっています

今後、

使用する人が増えてくる可能性が高い監督です

 

以上の2名が、

強化されて獲得しておきたい監督になります

守備面の強化がかなり目立ちました

 

おわり

最後までご覧いただき

ありがとうございました!

守備面での弱体化と強化が目立ちました。

かなり人気な監督が弱体化されているので

今後乗り換える時には

しっかり確認して乗り換えましょう